--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.06.26 23:55

耳の症状は術前とあまり変わりなく、聴力も全然ダメです。
これから変わるかもしれないし、変わらないかもしれないです。

めまいさえなくなれば、それだけで本当に幸せだけど、
欲を言えば、耳の興奮状態の鬱陶しい症状がなくなって、
少しでも聴こえるようになればいいなぁ~~!!

この手術は根治ではなく、メニエール病への対症治療なので、
とにかくストレスになる事を避けて、楽しく暮らそうと思ってます。
執刀医に、内耳に水を溜めるストレスホルモンを薄める為に
水分は1日2㍑以上飲むように言われ、せっせと飲んでます。

長い間苦しんだので、まだめまいへの不安は拭えないけど、
昨夜は手術後初めて遊びに行きました!幸せ~!
友達にもたくさん心配かけました。
これからまたたくさん遊ぶぞ!!(*≧m≦*)ププッ
s-DSCF7608.jpg
髪の毛が暑いので、汗ばまないように傷は出してます。
傷の周辺はまだ触ると痛いし、首筋もまだ痛みます。
傷だけではなく、骨を削ったりしてるので時間かかりそう。
紫外線は避けるように言われて昼間は帽子で保護します。
結構忘れちゃうんだけど(;´▽`A``
スポンサーサイト

| 内リンパ嚢開放術 | |

2008.06.26 23:47

6月はななの抜け毛の季節・・・
1年中抜け毛は悩みなわけですが、6月が一番すごいかも。

あまりの抜け毛&暑苦しさにトリミングを決意したものの、
ななは美容院の経験がないのです。
病院でもいつも(((((( ;゜Д゜)))))ガクガクブルブルなので、
このご老体で初トリミングも心配だし・・・(´-ω-`)う~ん

ななの親戚さん、こゆきちゃんのおねーたん、こゆみさん
華麗なトリミングをしてるのを見て、やっちゃいました(;^_^A

やり始めたらトラが止まらない・・・
カット・・・ひえ~~トラ刈りに・・・
直す・・・ひえ~~更にトラに・・・のエンドレス。
怒ってじっとしてないし、3日ぐらいかかってやってました。

s-DSCF7584.jpg
とりあえず初日。まだ長い・・・

s-DSCF7594.jpg
爪が・・・激しく反抗するので、一人では爪切りは無理。

s-DSCF7595.jpg
翌日はバルコニーで。こんなトラじゃ恥ずかしいぜ!

s-DSCF7596.jpg
いたずらするゆきは係留!!
巻きついて動けない・・・(*≧m≦*)ププッ

s-DSCF7601.jpg
やっと解放されたわ。

s-DSCF7600.jpg
なんか野菜を作ってます(;^_^A

s-DSCF7603.jpg
こんなもんかな?どうでしょう?

| わんこ | コメント(20) | トラックバック(0) | |

2008.06.21 20:35

メニエール病の手術から2週間経過・・・。
浸出液はまだ出て来ます。
昼間はあまり出ないのに、寝てる間にすごく出ます。
右耳を上にして寝てるのに、噴出するのか?ってぐらい。

鼓膜のチューブから空気を抜けるようになったので(笑)
ふ~~~ん!!と空気と液を出してます。
すごい技!!(*≧m≦*)ププッ
耳からぶちぶち音がするので、ゆきがすっ飛んで逃げて、
最近、食べ物がないと私に近寄って来ません(;^_^A

手術直後から、ふらつきなどもほとんどなくて、
退院の翌日から、近場は運転も外出もしてます。

傷は思ったよりもきれいです。
ただ・・・執刀医からは2cmぐらいと聞いてたし、
病棟の処置でもメガネは当たらないって言われたけど、
思いっきり当たってました!!(傷は6cmぐらい)

それで、一部赤く腫れて痛くなってしまいました。
コンタクトしたり、メガネの時は綿を巻いたりしてます。

傷は髪で見えないし、めまいさえ改善されるなら
大きくても目立っても全然構わないんですけどね。

s-DSCF7538.jpg
お久しぶり!!
ママが耳から変な音出して怖いのよね!

<ここから女性限定で>
手術は実は4月に決まってたのですが、
どんな計算をしても、生理にどんぴしゃになりそうで、
しかも手術の当日に1日目か2日目という・・・
||||||||/(≧□≦;)\|||||||オーノー!!

ただでさえ、入院中になったら嫌ですよね。
術後にめまいがあったら、頻繁にトイレに行けるのか?
一番不安だったのがこの事だったりして・・・

主治医に、生理をずらしていいか相談したら、
手術は生理でも問題ないと・・・(まぁそうですよね)
婦人科の先生にも相談してくれました。
「血栓のリスクがあるので、あまり好ましくない」との事。

「こうなったら、少しでもずれてくれる事を祈る!」
みたいな覚悟でいたのですが、どう考えてもきつい!
(>_< )イヤッ( >_<)イヤッ

という事で、○○生命の無料オプション!?ゞ(>ε< )
女性医療相談へ、電話してみたんですよね(;^_^A
医療関係者が相談にのってくれるって売りなんで・・・

そしたら、全然普通におばさん的な人で(身元不明)
「それは嫌ですよねぇ。」
「婦人科で相談するしかないですよねぇ。」との回答。
相談ちゃー相談ですけど、役に立たねぇ~!!(;^_^A

そんなんで、婦人科探しをしたわけですが、
手術をする病院がいいんだろうけど、もう時間がない!
婦人科の手術をしたかかりつけは遠い&完全予約で却下。

まー坊が産まれた病院か・・・(かなり大昔)
口コミサイトで、妊娠中に切迫で入院した病院へ(もっと大昔)
もうどこも先生が息子に代替わりしてました。ひえ~~!

中用量ピル、ドオルトンを6錠もらって、即日から飲みました。
飲み終えて、4日後に生理が無事に来たので、
1週間ぐらい遅らせる事に成功!!
ヤッタ━─゚+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.─━ァァッ☆

そして、手術も入院中もばっちり避ける事が出来ました。
これは、本当~~っに!!良かったです♪
しかし・・・いくら自費といっても、ドオルトン6錠3500円!
ぼったくりでしょ?( ̄∀ ̄;)汗

s-DSCF7540.jpg

コメントやメール、たくさんありがとうございます~!
それから拍手コメントありがとうございました♪
私は思ったよりも全然元気です~♪

| 内リンパ嚢開放術 | コメント(22) | トラックバック(0) | |

2008.06.16 23:24

ただいまです~~♪

右耳メニエール病改善と、左耳の聴力を維持する為、
(ホルモンの関係で、反対の耳へも影響があるそうです)
「内リンパ嚢開放術」という手術を受けました。

6/13に退院しました・・・が、入院中は元気だったのに、
退院後にまた浸出液が増えて、耳から溢れて来て、
声が響いてしゃべれなくなっています・・・(-ω-;)

手術当日の夜、関西へ帰った執刀医から、
「かなり長期間、鼓膜チューブから浸出液が出て来るけど、
必ず止まるので鬱陶しいけど辛抱して」とメールを頂きました。

手術のDVDを見たら、とにかく手術中も、削ってる骨から、
内リンパ嚢から、出るわ出るわ、ドンドン液が沸き出して、
吸い取っても吸い取っても、すぐ沸いて来るって感じ。
((((;゚д゚)))ヒィィィィ
こういう液が中耳へ回って、鼓膜のチューブから出るんですね。
これは出るわけだよなぁ~と納得したのでした。

手術当日は、病室でストレッチャーに乗って注射をされました。
「ボーっとするって言うけど、しないんじゃないかなぁ~」って、
看護師さんが言うそばからボーっとした模様・・・(;^_^A
ヘラヘラ笑ってピースしたりして(本人自覚無、証拠写真有)、
あまりに間抜け・・・(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪
全身麻酔でダウンまで、途切れ途切れの記憶になってます。
手術室へ向かったのは12時、3時頃終了しました。

s-DSCF7442.jpg
手術当日は、回復室で一晩過ごします。
背中や腰の痛みとタンがからんで苦しくて・・・
(一昨年に、腹部手術でもこれで死ぬ思いでした)
枕もなく、ベットを上げてもらえるまで非常につらかったです。
耳の圧迫感(耳管の関係みたい)と耳鳴りがとにかくひどくて、
これ治まるのかなぁ~とちょっと不安でした。

尿道カテーテルを入れないでもらったので、トイレは自分で。
ふらつきもなく全然大丈夫だったんだけど、
看護師さんがついて来て、パンツ下ろされ座らせられました。
< ;`∀´>マジっすヵ!!

これは夜中、熱が出てアイスノンをしてもらってます。
写真を撮ったり携帯見たりするほど余裕あり( v^-゚)ぶぃ♪

s-DSCF7455.jpg
翌朝、土曜だけど主治医が来てくれました。
包帯を取って、着替えて病室へ戻りました。
耳の後ろを5~6cm切開、皮膚の下は縫ってあるけど、
皮膚は縫ってなくて、縫い目は外にはありません。
カラヤヘッシブという透明なプニプニしたテープだけです。
傷の治りが早いらしいです。w((´ω`))wワオッ!!

傷は見えないけど、カラヤの下で流血してちょっとグロいので。
これはシャンプーする日まで貼りっぱなしでした。
手術時の体勢の影響らしく、傷より首が痛いです。

s-DSCF7473.jpg
この病院はとってもきれいで快適です。
時計は絶対必要(部屋にない)、S字フックを大活用。
入院前日にしまむらで買った290円のクッションが大活躍!!
それに水筒!!食事の前にお茶を入れてくれるのですが、
食事時にはすっかり冷めてしまうので、これにもらってました。
食後も飲めてΣd(ゝ∀・)イイッ!!
あと、ワンセグ付DVDプレーヤーが超活躍でした。

s-DSCF7486.jpg
リハビリの為に階段昇降をしてました。
病院内は空調が完璧なので、外が暑いのか全然わからず。

s-DSCF7490.jpg
病棟のスタッフは優しいし、いい人ばかり!
看護師さんやアシストさんと仲良くなって楽しかったです。
去年ゲンタマイシンで入院した時もいたそうなのですが・・・
なぜか記憶がまったくありません。
ご飯も美味しいし、もっといたかったぐらい・・・

主治医&執刀医には、いろいろ希望を聞いて頂きました。
・暑くならない時期にしたい。
暑いと留守中に犬が心配なのでいい時期でした。

・尿道カテーテルを入れないで欲しい。
これ嫌ですよね。
必要があれば手術中に導尿で対応してくれるという事で。

・フィブリン糊は不使用で。
手術をする上で一番気になってた事。
2年前にも相談したのですが、今回は快諾して頂きました。

・手術のビデオを撮って欲しい。 
DVDに焼いて頂いて、早速病室で見ました。
聞くのと見るのでは大違い!!
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!こんななんだ~!?って驚きでした。
どんな手術をされたのか良くわかったし、
液が出るのも納得出来て、これはホントに良かったです。

延々と慎重に骨を削る作業が大変そうでした。
耳かきのような道具で掘って、たまにドリルを使う感じ。
内リンパ嚢は数ミリ、内視鏡下の手術です。
骨を削って内リンパ嚢がやっと出て来て、切開して開放、
ステロイドやフィルムを置いて、スポンジで固定してました。
このクライマックスは5分程度?ほとんど骨削りという感じ。
細かい作業だなぁ~と思いました。

執刀医の術後の説明も録音させて頂きました。
これは自分は聞けないのでとても良かったです。
手術の詳細は後日HPで別にまとめます。

入院中は、たくさんの応援のメールやコメントを頂いて、
ホントにありがとうございました~ヾ(>▽<)ゞ
ミィ坊さんがわざわざ来てくれました。ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ

耳が鬱陶しくて、まだ時間がかかりそうですが、
常時ひどかった耳鳴りが小さくなってる事もあって、
反対の耳の耳鳴りがひどく感じる事も多いです。

s-DSCF7500.jpg
帰るとななゆきが歓喜でした。

s-DSCF7504.jpg
べったりくっついて離れませんでした。

| 内リンパ嚢開放術 | コメント(22) | トラックバック(0) | |

2008.06.09 18:00

手術は何のトラブルもなく終わりました。
応援たくさんありがとうございました!!
コメントとても嬉しかったです♪
すぐに良くなるわけではなくてじわじわとリンパ液が
排出されるので長い目でみるようにとの事です。
内耳を操作した事によるめまいもありません。
耳はひどい興奮状態で声を出すと響くので無口です。
内耳からの浸出液が中耳に回って、
鼓膜にチューブが入ってるのでそこから出て来ます。
バリバリゴボゴボ鳴って、耳が詰まって気持ち悪い(>_<)
今日は外来で液を吸い取ってもらいました。
バリバリ言って怖くて力が入ります~!
つかの間スッキリしました。
夕方、最後の抗生剤の点滴が終わり、
留置針をテープごと無理やり引っ張っられ…(┳◇┳)
痛かったけど点滴取れてスッキリ!!
だんだん自由度がアップしてます。
上げ膳据え膳で快適に暮らしてます♪

| 内リンパ嚢開放術 | コメント(23) | |

2008.06.05 17:00

ある日、突然耳がおかしくなり6年も経ってしまいました。
めまいが始まったのは、おかしくなってから3ヶ月後。
ぐるぐる回る、あり得ないめまいが突然襲って来て、
長時間びくとも動けず、ただ吐くばかり・・・
大事な約束が出来ないし、常に恐怖で頭がいっぱいだし、
この微妙な年齢で6年も無駄にするって悲しい~(´;ω;`)

めまいがしてない時でも、24時間絶え間ない耳鳴りと、
頭鳴りで気が狂うんじゃないかと毎日思うし、
耳鳴りは慣れるって言うけど、慣れるレベルじゃない!
耳と言うより、顔半分に埋め込まれた異物があるみたい。

右耳はついには聞こえなくなって・・・( ノД`)シクシク…
それでも、不快な周波数が響いて飛び上がってるのに
何度言っても、音を立てまくる家族にうんざり!!

めまいがない時は、普通に元気に見えるので、
家族にまったく理解されず・・・
むしろ私にとって家族が最大のストレスとなって、
ずっと一人でいたいと強く思う日々・・・~(-゛-;)~
ななゆきがいなかったら、家を出てたかも。

2年前に手術をしようと、関西の先生とアポを取り、
遠路はるばる、めまい地獄の時期に死ぬ思いで出かけたのに、
ものすごく理不尽な先方の理由で見送る事になり正直泣きました。
その後、今の主治医に出会いました。

主治医経由で関西の先生と再びご縁があり
東京で手術をしてもらう事になりました。
もちろん主治医もついていてくれます。

手術が必要なのか?と不安な私の親に、主治医は
「手術をしなくてもめまいは必ず治まるけど、
それは60歳かもしれないし、70歳かもしれない。
命に関わるわけじゃないけど、まだ若いんだから
今人生を楽しまないと・・・」と言ってくれました。

メニエール病の外科的治療は、ゲンタマイシンという薬を、
中耳から内耳へ染み込ませて、前庭機能を壊し、
めまいをなくすのが主流になっていますが、
執刀医はゲンタマイシンは耳を破壊するもので
治療とは思わないと言われました。

これで、メニエール病の記録がENDになりますように。
いつもご心配や励ましをありがとうございました。
元気になって帰って来ますね!!
病院からも更新しますね。
では行って来ます~~(*´∇`)ノシ♪

s-DSCF7270.jpg
寂しいけど我慢するぜ!

s-DSCF7139.jpg
アタシもしばらく登場出来ないけど、
みなさんも元気でね!!

| 内リンパ嚢開放術 | コメント(45) | トラックバック(0) | |

2008.06.01 03:18

大阪から帰って、薬を飲んで寝ようとしたら、
大量の薬の一つが喉の変なとこに詰まってしまいました。
時々あるので、そのまままた寝てしまったのでした(;^_^A

夜になっても、喉に詰まった感じと胸の痛みがあって、
ご飯を食べれば取れると軽く思い、トンカツ食べに行って
大量に飲み込んだり、お茶を喉に含んで溶かそうとしたり
四苦八苦したけど、取れないのでした・・・(;´ρ`) グッタリ

夜中には息も苦しくなって、死ぬんじゃないかとマジで思い、
不安な夜を過ごし、翌日病院へ行きました。

先生は、「薬だったらもう溶けてるんじゃ?」って言うけど、
今も喉に詰まってるし、胸も痛いと言うと、カメラしましょうと。

最新型、鼻から入れる胃カメラです。
(((((( ;゜Д゜)))))ガクガクブルブル
鼻に麻酔のゼリーを入れると、喉にも流れるので飲めと・・・
飲み込もうにも、薬が詰まってるわ、麻酔が効いてるわで
飲み込めなくて窒息しそうでした。ヾ(>y<;)ノ

看護師が、鼻腔を広げるチューブを右に入れると言うので、
「右の鼻腔の方が狭いので、左にして欲しい」と言うと、
大丈夫だって・・・< ;`∀´>マジっすヵ!!

準備終わって先生登場。
普通の胃カメラよりはマシかなぁ・・・??
食道から胃まで見て、「異常ないですねぇ~」
ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ
「ピロリ菌の検査します」って・・・痛くないけど怖い!!
検査は前にしてるので、しなくていいのにな~と思ったけど、
しゃべる事が出来なくて、されるがまま状態。

カメラを抜く時、食道に出血斑が見つかりました!!
まさしく詰まった薬、シナールの跡でした!!

「あぁ、ここにくっついてたみたいですねぇ~」だって・・・
いつまでくっついてたんだろう・・・
てか、何でくっつくの??

鼻血ブーになってしまい、止血剤を注射。
先生、「鼻腔が狭くてかなり出血しました」と。
だから左にしてって言ったのに・・・(-""-;)ムム・・
結局、1日鼻血が止まらず大変だったのでした。

会計・・・12000円!!!!(;゚д゚) (つд⊂)ゴシゴシ
い・痛い・・・(´;ω;`)ウゥゥ

s-DSCF7274.jpg
バカねぇ~~

s-DSCF7295.jpg
災難だったなぁ

s-DSCF6977.jpg
なんか寒いわねぇ!
一緒にあくびして・・・

s-DSCF6978.jpg
同じ顔で寝てるお二人さん。

| 出来事 | |

2008.06.01 02:18

メニエール病の治療が、6年目で局面を迎えています。
実は手術が決まってたんです。
執刀医に会う為に、0泊3日で大阪へ行ってました。
夜行バス→翌朝、病院、その夜のバス→翌朝到着です。

メニエール病は難病なので、治療法が確立されていません。
でも90%は投薬治療で良くなります。
10%ほどがめまいが頻発して難聴が進行してしまいます。
この難治性群の治療は、専門医の間でも色々な考えがあって、
今回たくさんお話が出来た事は、とても大きな収穫でした。
それはまた次の機会にまとめようと思います。

バスの時間まで、大阪で遊ぼうと思ったのに・・・
足腰が砕けそうな痛さで牛歩状態・・・(;´д`)トホホ
くいだおれは満席で入れず・・・とりあえず記念写真だけ。

s-DSCF7391.jpg
実は立ってるのもやっと状態。

関西ってエスカレーターは右に乗るんですよね。
関東では、左で右が急いでる人用なのですぐ間違う。
いったいどの地域から変わるんでしょう~~??
なんばと歌舞伎町は似てるけどすごく違う。
大阪はポン引きがいっぱいいる!
面白くてベンチでたこ焼き食べながら見てました。

2006年にも手術をする話が進み、大阪まで行ったので今回で2回目です。
その時は医師側の事情で流れてしまいましたが、また同じ先生に巡り会いました。
あれから2年。。。
いろいろありましたが、また巡り会ったのも何かの縁だと思い、今は手術にすべてを賭けているという感じです。

| 内リンパ嚢開放術 | コメント(16) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。