--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.06.26 15:47

昨夜、更新していたらまためまいを起こして、寝込んでしまいました。
今朝、休診にもかかわらず、ゆきの注射に先生が来てくれて何とか通院完了。。。
夜もまた注射です、平日は1人で動かなければならないのでめまいはほんとに困ります(>_<)

昨日は大学病院に行く事にしたものの、起きた時もまだかかりつけの先生の紹介のセンターに行く方がいいのか悩んでて、とりあえずかかりつけの病院へ。
先生、きっと悩んでると思ってまだキャンセルはしてないとの事。
でも予定通り大学病院へ行く方を勧めてくれました。
注射を3本して、快く送り出してくれました。

s-DSCF7260_20120626020400.jpg
今日は手術をする場合は執刀してくれる外科のT先生の診察です。
T先生に会うのはTV出演以来、9年ぶりです。
古いページで今見ると恥ずかしいけど(;^_^A

s-DSCF7239.jpg
待合室の体重計です。
3.55kg、ちょっと痩せちゃった。

s-DSCF7241_20120626020633.jpg
検査終ったのは3時ごろ、もう誰もいません。

まず研修医の先生が細かく問診して、T先生とお話しました。
黄疸が引いたのは、破れた胆嚢と肝臓が癒着して塞がったと言う事もあるそうで、とにかく胆嚢がどうなっているのか?エコーをするために連れて行かれました。
途中で研修医の先生が「炎症の具合を見たいので血液検査していいですか?」と聞きに来ました。
どういう事かな?期待と不安で待ちました。

まず、胆嚢は破裂や破れなどの兆候はなく、下半分に胆泥がたまっていました。
胆管は太くなっていて滞ってはいるが、凸凹がないのでどこかで詰まってはいない、かろうじて流れているそうです。

「胆泥で胆管が閉塞して一気に悪化したものの、なぜか運良く流れた」という事です。
それで黄疸も急速に引いたんですね。
ただ、胆泥が胆管の出口付近にたまっているので、いつまた詰まるかわからない。
今の状況なら、胆嚢を摘出しないで、開いて洗って胆管を通す処置も可能かもしれない。
その場合は、かなりリスクも軽減され、うまく行けば1泊で帰れる事もあるそうです。
ただ、ゆきサイズの子も胆管はとても細くてうまく通るか?開けてみて胆嚢の状態がひどい場合は胆嚢を取る事になり、肝臓と癒着しているので結構大変だそうです。

9年ぶりに診て貰った心臓は、麻酔は大丈夫だろうというレベルに良く保っていると、こっちは嬉しい結果。
胆嚢の洗浄で済んでも、胆泥の原因は体質が大きいそうでもちろん再発の可能性があります。
一度リセットされるので、1年以上は持つだろうという事です。

私は弟を手術で亡くしてるので、手術恐怖が異常に強いんですね。
今のゆきの状態ならしたくない!と思っていたのですが、T先生のお話を聞いて今後また詰まる可能性も高いしやる方がいいかな・・・と言う気持ちになってきました。
でもおやじは反対しています。
残ってる胆泥も流れるかもしれないし、詰まらないかもしれないと。
現にあんなに悪かったのに、流れはじめてくれてる。
今のゆきは黄疸も引いて元気になってるから、確かにしなくて済むんじゃないかと言う気持ちもあるんですよね。

s-DSCF7025.jpg
6月21日、つらそうな頃。

s-DSCF7221_20120626024643.jpg
6月24日、胆管の詰まりが奇跡のように流れてくれて、急速に黄疸が引いて元気が戻ったゆき。
あのままだったら、数日の命だったわけで。。。
祈ってくださったみなさま、本当にありがとうございます。
ゆき、こんなに祈ってもらってほんとうに幸せな子だね。

夜、かかりつけへエコーのCDと結果を持って注射に行きました。
大学病院のT先生も、直接先生へ電話を入れてくれていました。

先生に「先生の犬(ポメ)が今のゆきの状態だったら手術しますか?」と聞いたら、「出来ないっすね」と言ってました。
大学病院での結果を踏まえ、「もう少し肝機能の改善を待って、注意深くモニタリングする。
ちょっとでも詰まりの再発の気配があればT先生に手術してもらう」でどうか?と言ってくれています。

時間外も対応してくれるかかりつけのN先生、1日も早くと月曜にT先生へ託してくれた農工大の心臓のS先生、自ら執刀すると言って下さる外科のT先生。
そして祈ってくれてるみなさまに感謝でいっぱいです。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | コメント(26) | トラックバック(1) | |

2012.06.25 03:10

更新出来ずご心配おかけしました。
土曜の朝に病院へ連れて行って、めまいを起こしてしまいました。
家族が一緒だったから良かったのですが・・・
夕方まで寝込んでもまだ目が回ってて、どうにも動く事が出来なくてほんっとーーーにもどかしい!
勝手に動く目玉を押さえつけたりしていました。
8時に迎えに行くのにようやく起きられて、ヘロヘロ状態で行きました。

留置針はやっぱり血管から外れていたので、また刺し直したものの、刺す場所がないのでかなり上に入っているそうで。。。
腕を曲げると点滴が止まってしまうので帰るのも大変!!

ようやく無事に帰って、腕を伸ばした状態に固定しようとしたら、またプニプニなってる~~!!
また血管から外れちゃったみたい。
先生に電話したんだけど、12時ぐらいまで様子みて、プニプニひどくなったら止めるように言われました。
あ~~あ、帰る時に替えてもらった500ミリの大きな新しい点滴、ほとんど入ってない。。。

仕方ないので外して、この機会に下半身だけさっと洗ってあげました。
シャンプーしようと思って、延ばし延ばしにしてたら具合が悪くなってしまったので、さっぱり洗ってあげたい。。。

嬉しい事に、すごい色だったおしっこが急に薄くなりました!!
黄疸も引いて来ました。

s-DSCF7037.jpg
お腹はこんなに黄色かったのが。。。

s-DSCF7144.jpg
だいぶピンクになっています。

s-DSCF7147.jpg
まっ黄色だった白目もきれいになったし、爪も白くなりました。
黄疸って爪まで黄色くなるんです。

s-DSCF7192_20120625013931.jpg
大根にかぶりつき。。。ななも唖然(笑)
でもまだフードは食べたくないみたい。

こんな感じなので、超期待して病院行きました。
GPT >1000
ALP >3500
計測不能。。。(´;ω;`)

でもビルビリンが6.8→2.4
GOT692→90と大幅に改善したので、振り切れてる数値も前回よりはかなり改善しているんじゃないか?との事。
胆管も完全に詰ってないかもしれないと。。。
先生もちょっとビックリしていました。

血管を外れてしまった針を入れ直すのに、両腕の使えそうな血管を探して何度も入れたけど、点滴流れず。。。
もう点滴の出来る血管が取れず、仕方なく背中に輸液で入れ、夜もう一度入れる為に午後から休診なのに病院開けてくれました。

心臓の先生から急遽予約を入れてくれたと連絡あり、明日は大学病院へ行きます。
改善傾向を伝えると、逆に手術するチャンスだと、また悪化するしもろくなった胆嚢は破裂したり裂けたりするそうです。
水曜に手術を考えているんだろうと思いますが、今のゆきを見てると手術はしたくないと思っています。
それで死なせてしまうかもしれない。。。
でもまた悪化すれば、あの時すれば良かったと思うだろうし。。。
1秒たりとも頭から離れず悩み続けています。

s-DSCF7209.jpg
毎日朝から夜まで1日病院で過ごしていたゆき、点滴が出来ず帰って来たので久しぶりに散歩へ出かけました。

s-DSCF7199.jpg
こんなバカっぷりも嬉しい。。。

s-DSCF7205.jpg
とても重病患者とは思えないですよね。

s-DSCF7180.jpg
ゆき。。。どうしようか??

医療センターを予約してくれて、それに備えて血管を残そうと努力してくれた先生。
大学病院へ行く事を伝えると、気分を害されたみたいでした。
それはそうだろうな。。。と思います。
私も今もまだ迷っているんですよね。

コメント頂いたみなさま、ほんとにありがとうございます。
今日はご報告しか出来ずすいません!明日お返事しますね。

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | |

2012.06.23 04:43

一晩点滴を無事に終えて、朝病院へ連れて行き、私も自分の病院へ3ヶ月ぶりに行って来ました。
とにかく、何があるかわからないので、もう予定を入れられません。

早めに迎えに行くと、また酸素室で鼻を出しているゆき(笑)

s-DSCF7059_20120623023846.jpg
ちょうど鼻の出るサイズの穴でよかったね。

s-DSCF7058.jpg
気がついて尻尾振っています。

s-DSCF7047.jpg
今日も四苦八苦して点滴のまま帰ったものの、どうも流れが悪いので、腕を伸ばしてさすっていると、腕の付け根が5倍ぐらいに膨らんでプニプニになってる!!
もう11時近く、急いで先生に電話したら、皮下に漏れちゃってるので中止するようにとの事。。。
あーあ・・・これで10時間以上は空いてしまう(>_<)

点滴漏れなんて痛かっただろうに。。。
入院してたら朝までこのままって事?怖い{{{{(;>_<)}}}}
これでこの留置カテーテルも使えなくなってしまいました。

s-DSCF7064.jpg
点滴外れてフリーになっても、隅っこでぐったりしています。
食欲がなく、病院では缶詰を少し食べたとの事なので残りを買って来たのですが、まったく食べてくれません。

s-DSCF7065.jpg
ゆきの大好きな野菜を煮込んで手作り食を作るとすっ飛んで来て・・・((((o゚▽゚)o)))

s-DSCF7067.jpg
パクリとしたものの。。。やっぱり食欲なくて少ししか食べられませんでした。

s-DSCF7076.jpg
食べたいのになんか食べられないの。。。

s-DSCF7104.jpg
点滴をしていると抱っこも出来ないけど、今夜は私のひざの上で寝ています。
ゆきの重さと温かさを愛おしんでいます。

今日、ゆきが1歳の時から定期的に診て貰ってる、農工大の先生が電話を下さいました。
胆道閉塞を起こしているので、胆汁が肝臓の中にたまって、どんどん肝細胞は壊れて行ってしまう。
胆嚢も破裂したり裂けて中身が漏れて致命的になる可能性が高い。
肝機能が残っているうちに手術をしなければ間に合わない。
もう点滴ではビリルビンを薄めるだけで、限界だと思う。
ゆきちゃんの心臓は麻酔に耐えられます。
でも肝臓の状態が悪く、ただでさえ予後の良くない手術なので、助かる可能性は五分五分としか言えない。。。

ゆきを撫でながら号泣してしまいました。

ゆきは農工大の先生達と乱繁殖の弊害についてTV出演をしました。
手術するならその時の先生が執刀して、もちろんゆきの先生も立ち会う。
ゆきの状態が悪く、時間がないので日程を調整して連絡くれるそうです。

このままだと残された時間はわずかなのは確実のようです。
手術で死ぬ確率が高いのも。
でも手術で良くなる可能性がある事で悩んでいます。
知らない病院の知らない先生が執刀して死ぬのと、10年ゆきの心臓を診てくれてる信頼してる先生に運命を委ねて死ぬのとなら、答えは出てるかな。。。
死なせたくない!!死なせないために悩んでいます。。。

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | コメント(19) | トラックバック(1) | |

2012.06.22 03:33

点滴を外して、ゆきと一緒にベットで2時間ほど寝ました。
ゆきはいつも最初は一緒に寝てて、「もういいでしょ?」とばかりにすぐに自分のお気に入りのハウスの中に行ってしまうのに、そんな元気もないらしくずっと横で寝ていました。
私が起きても、起き上がる事が出来ず横たわっていました。

s-DSCF6998.jpg
病院へ行くところです。
ご飯も食べられず、立つ事さえつらそうでした。

点滴は、血液が固まって詰まって止まったようです。
ほんのちょっとの事ですぐに詰まってしまうそうで、漏れた時からもう体内には入っていなかったみたいです。
留置カテーテルは使えなくなって逆の腕に点滴する事になりました。

医療センターへ行くにあたり、ゆきの10年のデータがある心臓の病院へ電話しました。
担当医はもうここにはいないけど、引き継いだ先生が電話でも親身に相談にのってくれます。

点滴はあらゆる有効な薬が使われていて、これ以上は考えられない。
肝臓の大部分が壊れている状態で、非常に厳しいと思う。。。との事。
残っているのはステロイドだけで、肝臓が悪い場合禁忌だけど、偶然効く可能性もなくはない。
逆に悪くなる可能性も大きい。(これはかかりつけの先生も言ってた)
胆嚢切除は健康な子でも予後が悪い事が多く、しかもゆきちゃんに麻酔は危険過ぎる。

もう詰んだ感で、ここで初めて泣きました。
泣きはじめたら止まらなくなってしまいました。
いろんな事を思い出したり、後悔したり。。。
心臓を大事にし過ぎて、外で走ったり遊んだりを制限した事。
もっと楽しい事たくさんさせれば良かった。
ななに譲ってたけど、ほんとは抱っこ好きだったんだよね。
もっといっぱい抱っこしてあげれば良かった。

迎えに行っても鳴き声が聞こえず、とても心配しました。
ゆきが気がつかないわけないのに。。。

s-DSCF7006.jpg
状態が悪いので、目が届く酸素室に入っていました。
小さい穴から鼻を出してフンフンしてたそうです。

s-DSCF6820_20120622031646.jpg
ゆきって鼻出すの得意です。
家でも良くこんな事して笑わせてくれました。

s-DSCF6821.jpg
きれいなピンクの鼻だよね(笑)
今は鼻も黄色がかってるけど。。。

点滴をしたまま帰るのに、車に乗ったらすぐ止まってしまい、病院に戻るともう固まっていました。
処置してもらい、また車に乗ったら今度は空気が入ってしまい、また病院に戻って。。。
移動時にトラブルが起きやすく、自宅に持ち帰るのはほんと大変だと痛感しました。
家でも腕が曲がらないように、管が折れないように、体勢を気をつけたり、速度を確認したり大変です。

s-DSCF7022.jpg
朝とはだいぶ違う表情になりました。
点滴の効果はあるという事かな?何とか肝機能が改善してくれれば・・・

s-DSCF7032.jpg
食べたいのに前にすると食べられないようで・・・
なぜかかぼちゃは食べました。

s-DSCF7034.jpg
今のゆき、PCしてる私の横で寝ています。
時々目を開けて私を見てます。

s-DSCF7039.jpg
黄色いお腹を出して豪快に寝てる、気分は悪くはないのかもしれません。
今夜は順調に点滴は落ちています。

ゆき、去年も今年もお花見行けなくて、来年は行こうね!って言ったじゃない。
頑張ろうね。

コメレスまだ出来てなくてごめんなさい。
とてもはげまされています。
ほんとにありがとうございます。
ゆきにみなさんの応援が届きますように。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | |

2012.06.21 03:25

s-DSCF6933_20120621021640.jpg
今朝のゆき、出かける用意をしている私に「どこ行くのよ!」と怒ってるところです。

s-DSCF6939.jpg
一見元気そうだけど食欲もなく、外に出ても歩けず、車の中でもぐったりでした。

3本の注射をして点滴に預け、先生と今後の話をしました。
手術するしないはともかく、原因を見極める事、今後輸血が必要になるかもしれない事などから、医療センターを勧められました。
心臓の病院は設備もあるけど夜間はやっぱり無人だし、農工大では何かあった時には遠いし悩みます。。。
医療センターの予約が来週はじめに取れたので、とりあえず行ってみる事にしました。
それまでに点滴で改善するといいけど。。。

夜、ごはんと薬を持って行くとすでに鳴いていました。
鳴き声はいつものゆきで、元気そう!!

でも。。。
相変わらず黄疸が強く、尿もすごい色です。
「点滴は続けたい、でも家に連れて帰りたい」と言うと、先生は診察時間とっくに終ってるのに、点滴のトラブル時の対処法など実践で教えてくれました。

s-DSCF6969_20120621021639.jpg
いい感じで点滴できています。
治療続けながら一緒に過ごす事が出来ました。
点滴のスピードが体勢によっても変わるので調整します。
やっぱり無人の病院に置いて来るのは心配だとつくづく思いました。

s-DSCF6972_20120621021638.jpg
今日は馬肉をあげたけど、まるで別犬のおしとやかさ。
フードは食べませんでした。。。

s-DSCF6990.jpg
深夜1時ごろ、ふと気づくと腕に巻いてあるテープがびっしょりになっていました。
漏れてる!?
漏れた時の対処なんか聞かなかったし。。。
夜間救急病院へ電話してみたら、コネクタが緩んでいるかもしれないので確認してみるように言われ、テープを剥がして差し込んでみました。
ちゃんと入ってるのかな?心配です。

そういえば、点滴ってすごい痛い時あるよなぁ。。。
犬って何も言えないからそういう時どうするんだろう?

ご心配ありがとうございます。
まだレス出来ていませんが、コメント読んでて涙が出ました!
ゆき、祈ってくれてる人がいっぱいいて幸せだね。。。

s-DSCF6993.jpg
フードも転がったまま、見向きもしません。
おしっこで汚れるのでお腹の毛を切ったら、皮膚は恐ろしいほどまっ黄色でした。
本当に別れが近いのかもしれません。
一緒にいられる一瞬一瞬がほんとに大事な時間なのに、今は寝ているゆきを見てるしかない・・・つらいです。

追記
朝の4時ごろ、点滴が止まってしまいました。
止まったらどうするか聞かなかったので、また夜間病院(来週予約してるセンター)に電話したら、今度は違う人が出て「電話では何も言えない。かかりつけがそう言うなら(空気が入った時はジョイントを外して蓋をする)それでいいんじゃないんですか?」とか意地悪な対応されました。
あぁこんな獣医いるなら行きたくないな・・・ものすごい高いって有名だし。

仕方ないので恐る恐る外してみました。
病院開くまであと3時間半か、長いな・・・
ゆきはまったく元気がなく、どんどん弱っているようです。

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | |

2012.06.20 02:46

今年は大殺界か厄年か、いっぺんに襲われてるかのような我が家に更なる試練が。。。

大事なゆきたんが、余命数日かもしれないと言われました。
こんな時ばかり更新するのも何ですが、不安でどうしようもなく、とにかく聞いて欲しくて書きます。

日曜に何度か吐いたゆき、うを食べたからだよ!と暢気に言ってたのですが。。。
夜中に濃いオレンジのおしっこをして、これはおかしい?と思ったのです。
翌日も同じおしっこをしたので、2回目を採尿。
ご飯もやっと半分食べるという超異常事態。。。

診察は午後4時からで、待ちきれない思いで行きました。
尿にはビリルビンが出ているそうです。

s-DSCF6865.jpg
血液検査では肝機能、ALP、ここの機械では計測不能!!
血の気が引きました。
昨年の心臓の定期検診で「胆嚢が破裂すると助からない事が多いので、手術も考える必要がある。ゆきちゃんは心臓も悪化しているのでリスクが大きく難しい」と言われていたのです。

エコーでは、胆嚢は破裂はしていないがキュウイ状の模様が確認出来る。
「胆嚢粘液嚢腫、急性肝炎の可能性」との事でした。
胆管は閉塞しているかもしれません。
この日は点滴を4時間して、迎えに行くとだいぶ元気な感じです。

s-DSCF6867.jpg
カメラに怒ってるのもいつも通り・・・でもいつもピンクの耳が黄色いのがわかります。

ほっとしたのもつかの間、翌日も尿は黄色いし食欲もない。。。
点滴の為に預けて、8時に家族で迎えに行きました。

先生の話。
黄疸が進んでいる、非常に状態が悪い。
このペースで悪化すると4~5日しかもちません。
内科的治療で改善しなければ、胆嚢を切除しないと助からない可能性が高い。
心臓、肝臓の悪さから、麻酔に耐えられないだろうと思う。

でも手術で助かるかもしれない、どうするか非常に悩んでいる。
高度医療機関へ紹介する、それまで内科的な治療を継続する。
黄疸がひどいので、点滴は入院して続ける方がいい。。。

。。。絶句してしまいました。
ショックで涙も出ませんでした。
心臓じゃない病気で命を落とすなんて・・・
1ヵ月半ほど前に血液検査して何ともなかったのに。
前から胆嚢が悪かったのに、何でこんなになるまで気がつかなかったんだろう。。。

確かにちょっとおしっこが黄色かったかも。
尻尾が下がってたり、大好きな腹ドック(おやじの腹に乗る)しないで隅っこで寝てたっけ。
具合が悪い兆候だったんでしょう。。。
後悔しかありません。

s-DSCF6880.jpg
面会すると、出して出してとキャンキャン鳴きながら手を伸ばし、本当につらかったです。

入院させて、家に帰り遅い夕食をしていると、先生から11時近くに報告の電話がありました。
私達が先生と話してる間もずっと鳴いていたのですが、それからもずっと鳴いているとの事。

ゆきが「キャン!キャン!」と私を呼ぶ時の特有の声が、電話越しに聞こえています。
この後、先生は帰宅してしまいます。
電話を切った後、夜中ずっと私を呼び続けるかと思うといてもたってもいられなくなり、すぐ病院へかけ直し暴風雨の中をすっ飛ばして迎えに行ってしまいました。

s-DSCF6885.jpg
耳や白眼、皮膚まで黄色く、黄疸は確かに悪化しています。
点滴続けたほうが良かったかもしれないとちょっと後悔。

あと数日の命なら、一緒に側にいてあげたい。
もしかしたら、内科的な治療で肝機能が改善して詰まってる胆汁も流れないとも限らない。
治療は点滴を入院で続ける事です。
心臓に負担をかけないために、点滴も時間をかける必要があります。
残り少ないかもしれない時間を、私を呼びながら病院のケージで過ごす事になります。
ものすごい悩みます。

手術は肝臓の状態が悪すぎる上に、心臓の悪いゆきには限りなくリスキーです。
でも内科的治療に反応しなければ、それしか術がないそうです。
その場合はどうする?手術死覚悟でかける?それとも最期を一緒に過ごす?

s-DSCF6894.jpg
大好きなものを食べさせてあげたいと思い、ササミをゆでてあげました。

s-DSCF6906.jpg
点滴の効果で食欲は回復?

s-DSCF6916.jpg
いつものゆきに見えるけど・・・

s-DSCF6912.jpg
ゆき・・・まだ行かないで!!

今は私の足元でスヤスヤ寝ています。
朝一で点滴に連れて行きます。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング

| ゆき胆泥、胆管閉塞 | コメント(10) | トラックバック(1) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。