--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.06.18 02:17

ななが入院しました。
家以外で一人で過ごした事はないので、どんなに不安だろうと思うと胸が苦しくなります。
いつもそばで笑顔で見つめてくれるなな、ストーカー犬なながいない空間が耐えられない・・・
何をしても気が紛れずななの事で頭がいっぱいです。

深夜12時、先生から電話があって、落ち着いているとの事。
病院は朝まで無人になってしまうので心配です。。。

火曜、まー坊にギャンギャン吠えてていきなり固まりました。
痛みのためにヨロヨロヨタヨタと腰砕けで歩き回っていました。
持病(椎間板疾患)の痛みだと思い、鎮痛剤のリマダイルを飲ませて抱っこしていると治まって来たみたいでした。

翌日は元気だったので様子を見てしまったのです。
夜、涙を拭いてあげただけで「ギャン!」ウロウロ、リマダイルを飲ませました。
これは首が痛そうだと確信。

翌日も元気でしたが、私が外出から帰って大喜びしていたら「ギャン!」とまたスイッチが・・・
ハァハァと呼吸も荒くよだれも出て来て、急いで病院へ。

先生にムービー見てもらうと「脊椎炎だと思うけど、ちょっと膵臓が気になるので血液検査していいですか?」って・・・
以前の首曲がりの時と同じ症状だし、首をちょっと動かした時に痛みが走るから私はそんなはずないだろうなんて思ったのです。

血液検査ではリパーゼが500を超えていて「膵炎で間違いないだろう」との事。
絶食絶飲で入院、点滴を勧められたのですが、入院自体が心配で、抗生剤と鎮痛剤の注射と背中に皮下輸液をしてもらい帰りました。

で、金曜の昼からカテーテルを留置して点滴、そのまま入院。
夜だけでも連れて帰りたかったけど、膵炎は命を落とす事も多いそうで、点滴を続けた方がいいと言われ、泣く泣く置いて来ました。

前回の記事の後、フィラリア予防と健康診断で病院に行ったら、ななもゆきも体重増加!高脂血症、とくにななは計測不能なほどだったんです。
で、ダイエットをしていたのですが、原因はフードでした。

ゆきが眼瞼炎が良くならず2ヶ月ぐらい2匹ともアレルギー用のフードに変えてたんですね。
これが脂肪がシニア用の倍もあったんです。
犬は飼い主の与えるものしか食べられないのに。。。私の責任です(´;ω;`)

なながいれば何もいらない、もう少しななと一緒にいる時間をくださいと祈るばかりです。
膵炎にいいものあれば是非教えて下さい。

そう言えば。。。大好きなベットに入らないで床に居たがったり、最近あんまり抱っこしに来ないなぁと思ってた。
食事の時も欲しいって騒がなかったような気がするし、ヨクヨク考えるとちょっとおかしかったかも。
ななは脊椎以外ほんとに丈夫だったので、他の病気なんて考えもせず、病院行くのも遅れてしまいました(´;ω;`)

なながゆっくり眠れていますように。。。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| ななの病気 | トラックバック(0) | |

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。