--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.03.08 17:03

気がつけばもう3月。。。この1ヶ月はすっかり病人化してたけど、ようやく不調の波も乗り越えそうな予感です。
今回は今にも回転しそうな予兆と浮動性のめまいが続いて、目を閉じたり横になればグルグルするし、耳鳴り頭鳴りもひどいし頭の中はモワモワでさすがに気分も鬱々でした。
脳が前庭の機能を代償するってほんとなのかなー?と今更ながら疑問に思ったりして。。。
さすがにこれはリハビリ云々というレベルじゃないような??

メニエール病って内耳の内リンパ液が増えて、内リンパ嚢という袋で吸収されるものがおっつかないんだか、吸収力自体の問題だかで、内リンパ水腫が出来ると言われてますが・・・
内リンパ嚢開放術やった時、主治医も内リンパ嚢は別に腫れてなかったと言ってたし、執刀医にも「内リンパ嚢を切開して、過剰なリンパ液がドバーっと出ると思ってる人が多いけど実はそうじゃない」と説明されました。
手術はリンパ液の逃げ道を作るものでジワジワと出て行く、イソバイドを飲んで水を抜くのと同じ対症療法だと。
私の耳は教科書通りのきれいな耳だったそうです。
内視鏡下の手術でも内リンパ水腫が見えるわけじゃないって事なんですよね。。。
ほんとに内リンパ水腫なんてあるのかなー?

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| 内リンパ嚢開放術 | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。