--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.08.24 05:10

ホームにいる98歳のおばあちゃん、目も見えず耳も聞こえない上に、もう自分で動く事も出来ず。。。楽しみは食べる事だけなのに、飲み込もうとするとゼロゼロするという事で往診が来ました。

誤嚥性肺炎という事で13日から飲食禁止になってしまいました。
今の状態だと飲み込めず窒息するかも。。。と言われては仕方ありません(>_<)

ホームでは良く面倒見てくれて、朝は着替えをさせ、朝昼夕おやつのたびに車椅子で食堂へ連れて行き、食事も自分でさせていました。
目が見えないので、スプーンで自分でかきこんでいたそうで、それが仇となったようです。

認知症のグループホームですが、ここでも国の政策を受けて看取りを始めました。
我が家でも父が看取り同意書を書き、24時間訪問診療所と契約をしたばかりです。
単純に、病院ではなくホームで最期まで看てくれる、という認識でした。

肺炎の治療で抗生剤と利尿剤の点滴で1週間様子を見る事になりましたが、もう誰も食事が出来るようになるとはまったく考えていなくて、看取りの段取りを説明され、葬儀屋を紹介され、介護職員も医者も看護師も親戚達も、死を待つのみって雰囲気になっています。

最初に「あれ?」と思ったのは、脈拍が安定しなくて息が苦しそうで危ないかも?と夜中に電話があった時。
普段心臓の薬を飲んでいたけど、心臓の薬を点滴に入れられないんですか?」と聞いたのです。
「それは延命治療になってしまう。看取りの同意書を書いているので治療は出来ない、延命するなら入院するしかない。」と言われたんです。

(゚ロ゚;)エェッ!?看取りってそういう意味なの!?
肺炎だって治療じゃないの??と言うやり取りがあったのですが・・・実はその辺はまだ明確な線引きはないみたいです。
看取りとは、延命治療で高齢者の医療費がかさむという事で、国が打ち出した政策の事でした。。。
私は手段がなくなってその時が来たら、病院で管に繋がれて水も飲めないより、苦しくないようにケアしながらホームで看取ってくれるなんてありがたいと単純に思っていましたが。

1週間後、肺炎は治ってしまいました。
なのに、先生も看護師もホーム側も、嚥下機能が低下しているので食べれば窒息するかも?誤嚥で肺炎を再発し苦しむかも?と食事再開には反対し、このまま点滴でと言われました。
経験から、あの状態の人が食べられるようにはならないと。。。

点滴だけでは余命1ヶ月程度。
中心静脈栄養(静脈にカテーテルを入れて栄養を入れる)または胃ろうをすれば延命は出来るが、心臓も悪いし無理だろう、希望するなら病院を紹介すると言われましたが、やってくれと言うのは論外という雰囲気漂っています。

同じ死ぬなら食べられる事に賭けたいんですよね。
「ご飯食べる?」と耳元で叫ぶと「食べるぅ~」と答えるんですよ。

1日も早く経口摂取を再開しないと体力も限界だし、嚥下機能もどんどんなくなると焦りますが、24日に看護師と相談する段取りをしたとの事。。。それまで何も出来ないのが現状でした。
食事再開に向けて毎日通い、口の中をきれいにしたり(汚いと唾液誤嚥から肺炎になりやすい)、口内やのどをマッサージして空嚥下させたりして準備をしています。
周りから「もう98歳なのに?」と思われているのはひしひしと感じます。

自分で何も出来ければ自然死が本来の死に方なのかもしれませんね。
本当に難しいです。。。親は?自分は?どう死ねるのか?毎日考えさせられています。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| 介護 | コメント(12) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

ななちゃんおめでとう、15歳にはとても見えないけど、何かの間違いじゃないよね?
これだけ若々しいとビックリ長寿も夢じゃないと思いますよ。
ずっと元気でいてねと写真ごしになでました。

さて、みみちんさん、辛い局面にいらしたんですね。
私の祖母も肺炎で絶食でした。
点滴のまま亡くなりましたが、食事にチャレンジすれば良かったと思いますね。
でも、結局は身近な介護家族の考えに従うしかないのでもどかしかったです。
みみちんさんのおばあちゃんは幸せだと思いますよ。
みみちんさんが思ったようにチャレンジ出来るならした方が、家族も悔いが残らないように。
食事再開出来るといいですね。

| ななちゃんファン | URL | 2013.08.24 13:49 | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2013.08.24 14:18 |

おばあ様、誤嚥で機能が落ちてるそうですね。
食べたいと言うのであればゆっくりごっくんと言いながら
食べさせてあげたらどうでしょうか?
慌てて飲み込むと誤飲するそうです。
誤飲を防ぐためにゼリーとかで一緒にスムーズに食べるのもあると聞きました。一度やってみたらいかがでしょうか。
このぐらいしか知らないもので参考になるかどうか分かりませんが。
83歳の母に聞くと胃ろうはしたくないので延命治療はいいと言ってます。
私は食べ物には執着がないので延命治療はしないで欲しいとエンディングノートに書いてます。いざとなったら分かりませんが・・・
でも家族にとっては辛いですね。考えさせられます。

| 猫の妖精 | URL | 2013.08.25 13:45 | 編集 |

ななちゃんファンさんへ

うぅ~~ほんとにありがとうございます~(*^▽^*)
ほんとに15歳です(笑)
20歳ぐらいまで頑張って欲しいです~~

ほんとに、介護する家族の意思次第ですね。
私のもう一人のおばあちゃんは入院して死ぬまで口を潤す事さえしてもらえずに、水が飲みたいと言い続けて亡くなったのがとてもかわいそうでした。。。
それを見たばかりなので、よけい飲食再開にこだわってしまうんですよね。

おかげさまで、昨日から飲食を始める事が出来ました。
まだほんの少しですが飲み込めました!
あのまま点滴を選択しないで良かったと思いました。
+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ

| みみちん | URL | 2013.08.26 01:57 | 編集 |

鍵コメさんへ

ずばりそうだと思っています。
食事出来るようになれば手がかかりますしね。
今後普通食は無理でしょうし、介添えも必要ですしね。。。

| みみちん | URL | 2013.08.26 02:00 | 編集 |

猫の妖精さんへ

妖精さん、ありがとうございます!
なんと今日は介護用のゼリー(といってもヨーグルトみたいな感じ)をしっかり飲み込みました。
ホームでも飲み込みが悪くなっていたので、トロミをつけていたらしいのですが、食事が出来るようになればこれからはミキサーでドロドロにしてトロミ付けになると思います。
そう、自分でどんどんかきこんでいたらしいんですよ。。。もう一人で食べるのは無理だったんでしょうね。

妖精さんはエンディングノートを用意されているんですね。
うちの親も延命しないでといつも言ってますね。。。祖母はどう思っていたのか??もうボケてしまってますので、わかりませんが。。。つまらないと良く言うので「もう死にたい?」と聞くと「死にたくはないわね~」といつも言うんですよね。
生きる事への執着は強い人なんでしょうね。
自分だったら・・・点滴だけで餓死して行くのは嫌ですね。。。かと言って嚥下機能が衰えて胃ろうも嫌ですね。
嚥下機能を鍛えておくのが重要かもしれませんね~(^▽^;)

| みみちん | URL | 2013.08.26 02:14 | 編集 |

食べることって、大きな楽しみのひとつだから、それがなくなるのは辛い

ある程度の年になると、楽しみって少なくなってしまうから尚更・・・

うちのおじいちゃん、7月に亡くなったんだけど最後は食べれなくて、しんどそうだった
「もういいよ」って何度も言ってたの
おじいちゃんの「もういいよ」は「もう逝きたいよ」だったのよ

最期はガリガリに痩せて、誰だかわからないくらい。
もっと早くに逝かせてあげたかったなと家族みんな思ったくらいだったよ

そういう最期は本人も家族も辛いね

なまじ心臓が丈夫だったから肺炎なっても持ちこたえてしまって、一週間が山だろうって言われてたのにそこから1ヶ月以上も生きてたの

餓死なんて絶対嫌だよね

で・・・おばあちゃん、ゼリー食べれて良かった!

遅くなったけどななちゃんお誕生日おめでとう
いつまでも可愛いから、本当若く見えるよね≧(´▽`)≦
まだまだ長生きしてね~

| みゆ | URL | 2013.08.27 00:56 |

みゆちんへ

こないだは電話ありがと!その後どう?気になってるんだけど、毎日介護で追われてちゃって・・・(>_<)

見えないし聞こえないし、食べる事しか楽しみなかったからよけいかわいそうで。。。
点滴だけしてたって確実に死ぬからね、それで死ぬの待つよりおいしいもの食べさせて寿命が縮まってもいいと思うんだよね。

みゆちんも看取ったばかりなんだね。
もういいよって切ない(>_<)
その点、うちはボケてるからまだ救われるわ。
今日も食べさせようと張り切ってたのに、行ったらすでに看護師の訪問終わってたの!呼んでくれるはずだったのに!
しかも痰が増えたからダメだって言われて。。。
なんかねーーブラック臭が漂ってて信頼出来なくなってる。。。
このままじゃ餓死だわ、病院入れる事を考えてる。

ななもすっかりおじいちゃんだよ、足腰ヨロヨロしちゃって。。。秋の目標は筋肉つける事かな!

| みみちん | URL | 2013.08.27 04:53 | 編集 |

おばあちゃま、大変でしたね。
うちの母方の亡き祖母も胃ろうにするか、どうかで、
決断を迫られたことがあったようでしたが、家族で
話し合いの結果でしないことに!
最期まで点滴だけで…って感じでした。
やっぱり口からね、食べたり、飲んだりしたいですよね。
胃ろうなんてって、祖母の時に思いましたもの。
病院に入院したんですけど、点滴だけでしたので、だんだんと
弱って、動かなくなるし、しゃべらなくなるし、よけいに
ボケちゃうしで…。
おばあちゃまも、少しづつでも食べられるようになるといい
ですよね。

ななちゃん、お誕生日おめでとうございます。
前の記事のななちゃん、かわいいですね~。
なでなでしたくなります。

| shiho | URL | 2013.08.27 12:55 | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2013.08.28 09:09 |

shihoさんへ

レス遅れてごめんなさい!おばあちゃんの件は良い方へ進展しました。
後ほどご報告しますね。

shihoさんのおばあちゃんもそうだったんですね。
点滴だけで弱っていくのを見るのはつらいですよね(>_<)
本人が口から食べる事を拒否するならあきらめもつくのですが・・・
口内ケアしてると口を開くので切ないんです。

ななも無事に15歳になり感無量って感じです。
毎日、1日元気で終るとほ~~っとします。。。老犬の毎日は大事ですからねぇ。。。
ありがとうございます(*^▽^*)

| みみちん | URL | 2013.09.01 00:57 | 編集 |

さつきさんへ

ありがとうございました!!
また後ほどメールしますね!

| みみちん | URL | 2013.09.01 00:58 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。