--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.11.26 04:53

更新しようとPCに向かうと必ず居眠りしてしまい、そうこうしてたらおばあちゃんが亡くなってしまいました。

最期まで看させて欲しいと言ったはずのグループホームを追い出され、老人病院に1ヶ月いて、介護付き老人ホームに移って1ヶ月。
このホームは看護師さんも常駐し、併設の病院が目の前にあり医者もすぐに来てくれるので、その点は安心だったのですが・・・

今月初め、食堂から部屋へ戻ろうとした車椅子上で嘔吐して、誤嚥したらしく熱が出ていましたが、回復傾向だと聞いてホッとしたその夜に亡くなりました。
6年もいたグループホームとそこへ新参入して来た訪問医に見捨てられ、あちこち移動するはめになったものの、もう一度食べられて笑ってくれて、精一杯やりつくして悔いはないと思っていたけど、死顔を見たら後悔はこみ上げました。

9月におばあちゃんの事で父や叔母と揉め断絶状態は続いていました。
もう関わるな、葬式にも呼ばないと言われてたので、一切見ない事にしようと思っていましたが、家族葬のみで通夜もしないとの事で、寂しいだろうと安置されてるセレモニーホールへ焼香に行きました。

w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
とてもおしゃれな人だったのに、入れ歯もなく口を開けたままでまるでミイラ状態!
ホームでは死後処置だけでお化粧とかはしてくれないんですね。
どうやったら口が閉じるのか調べて挑戦する事に!!

葬儀前日の夕方に納棺して葬儀場に安置すると聞いたので、待ってもらい母とまー坊と出かけました。
ふすまを開けた時は3人で(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)と言ってしまいました。
横から見たら、歯がない部分が落ち窪んで、ものすごい口を開けてるように見えたんです。

コットンを歯の高さまで盛り上げて詰めたら見違えるようになり、口もだいぶ閉じました。
乾いた肌を保湿して化粧し、髪を整えてスカーフで巻いて顎を押さえました。
ホールの人達もびっくりするぐらいきれいになって大成功~~(;≧∇≦) =3

その後、打ち合わせに来た父と顔を合わせてしまいましたが、謝罪し葬儀に出てくれと言って来たので、水に流す事にしました。
葬儀では、死後のひどい顔を見た父の兄弟達が、きれいになった顔を見て喜んでくれました。
小さい孫がいる伯母は、あの顔見たら怖くて泣くんじゃないかと心配していたそうで。

ただ、火葬場へ移送中に口が開いてしまうだろうとホールの人に言われたので、お別れの時にさりげなく口元をたくさんの花で隠しておきました。
大正4年生まれ、享年99歳!晩年は目も見えず耳も聞こえずだったので、ボケて逆に幸いだったのかもしれません。
おしゃれだったおばあちゃん、きれいになったから安心して天国に行ってねー!

ちなみに、老人病院に移ってから状態も安定していたので、特養に申込みしようと問い合わせたら、310人待ちだと言われました。
申し込みしておくと判定会議で状況によって順位が決まり、いきなり1位になる事も有り得ます。
ただ、たとえ割り込めても現在1位の人は今年2月から待っているとの事でした。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| 介護 | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。