--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.02.28 05:07

先日、ななの心臓の検査で別の病院へ行きました。
レントゲンは脳のかかりつけで撮ったばかりだけど、肺の状態を見る為に必須と言われてしまいました。
興奮してしまうのが心配だったのですが、案の定エコーの途中で断念したそうです。

s-DSC_1320_20140228040933b34.jpg

心雑音のレベルは6分の3で、左心室の心筋が肥厚して内腔が狭い事は確認出来たので、ACE阻害剤(アピナック)を始める事になりました。
ここの先生も、脳の症状はずっと落ち着いているので、脳梗塞だったのではないか?と言っていました。

昨日、後ろの右足が立たずによろけておかしな歩き方をしていました。
痛そうに見えたのでプレビコックスという痛み止めを飲ませてみたら、調子良く歩けるようになり「やっぱり痛かったんだな」と思っていたのです。

今日の11時、ハウスを蹴る音をさせていて「あぁ、起きたんだな」と思ったけど出て来ません。
動いてるだけかな?と思ったものの、音が続いてたので覗いたら、すごい痙攣起こしていました。

仰天して抱きかかえて、冷蔵庫に貼ってあった坐薬を入れて押さえました。
なかなか治まらずに、もうダメかと思いました。。。

母に抱いてもらって病院へ、車の中でもヒーヒー言いながら身悶えしていましたが、だんだん落ち着いて来ました。
前回の担当の院長は(今日は不在)、様子がおかしかったらすぐステロイド再開と言ってたのですが、今日の先生は「プレビコックスとステロイドを併用すると胃に穴が開く事もある。痙攣はプレビコックスの影響かもしれないので様子を見たい」と言うのです。

脳梗塞だったとして、脳のダメージにプレビコックスが影響して痙攣を起こしたかもしれない。
それならステロイドは必要ないわけだから・・・2~3日様子を見て、悪化するようなら脳炎だったと言えるだろう。。。との事。
ステロイドには慎重派の先生のようでした。
痙攣を抑える注射(レベチアセタム)をしてもらい、エクセグラン(抗てんかん薬)を服用して様子を見てと。

s-DSCF1069.jpg
帰宅後、回復して来て顔もしっかりして来ました。
ご飯を欲しがっています。
ヨダレまみれになった胸毛がかぴっています。。。

s-DSCF1080.jpg
夜、食欲も後追いもすごく、元気になっています(;≧∇≦) =3 ホッ

s-DSCF1081.jpg
穏やかに寝ています。

痙攣してる時、口に指を入れて噛み締めを防いだのですが、犬は舌を噛む事はないので大丈夫だそうです。
逆にこちらが大怪我をするのでしないようにと言われました。

プレビコックスは、以前首の痛みで服用して問題なかったのですが、ゆきは服用後てんかん起こした事があるのを思い出しました。
調べたら副作用で死亡例もあるとの事で、安易に飲ませて大反省です。。。

恐れていた再発じゃなければいいのですが。。。
まだ行かないで~もうちょっと一緒にいようね、愛してる!愛してる!出会えて幸せだったよ、ほんとにほんとにありがとうね、と言わずにいられません。
ふぅ。。。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| なな脳の病気 | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。