--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2016.08.14 05:12

ななは6月18日朝4時15分ごろ、ついに力尽き天国へ行ってしまいました。
もう2ヶ月になりますが、折に触れななの可愛い姿を思い出して泣いてばかりで一向に立ち直れずにいます。

2013年9月に突然発症した脳疾患、当初脳炎余命2~6ヶ月と言われてから3年近く頑張りました。
最後の1年は痙攣を繰り返し、その度に弱って寝たきりになってしまいましたが、本当に頑張ってくれました。
痙攣に備え、24時間私とまー坊と母でつききりで目を離さずに介護して来ました。
最後の3週間ほどは、私とまー坊で2交代だったので心身ともにきつかったけど私達も精一杯頑張った・・・つもりでしたが後悔は尽きません。

5月に引っ越して、幸い近所にいい病院が見つかり親身になってもらいました。
初めて行った時、ななの神経症状がひどく正直1週間もたないと思ったそうですが、1ヶ月頑張ってくれました。
このような子は最期は重責発作で亡くなる事が多いと言われていたので、痙攣のたびについにその時が来たのかと、「この座薬を入れたら二度と目覚めないかもしれない」と泣きながら少しずつ座薬を入れました。
ななはそれも何度も乗り越えて頑張ってくれました。

最期の数日、いよいよ強制給餌も飲み込まずそのまま垂れ流してしまい、水さえも体が受け付けないようでした。
てんかんの薬も飲めていない上にチックが治まらなくなり、新しいかかりつけが休みだったので他の病院へ行ったのですが、「何をしても心停止する恐れがある、ここまで大事に頑張った子をここで死なせては申し訳ないので輸液ぐらいしか出来ない」と言われました。

翌朝には吐き気もあり、朝一でかかりつけへ行き、輸液、吐き気止めやステロイド、出来る限りの対処をしてもらいました。
体温は35℃切るほど下がっていて、生食パックの湯たんぽを用意してくれました。
それが体温を下げ楽に死へ向かうのを妨げるかもしれないとの事でしたが、ステロイドの効果でまた奇跡が起きるかもしれないとわずかな希望を私は捨てていませんでした。
まー坊に任せて、私は食べてくれるものを探しに買い物に出かけてしまいました。
出かけたついでに用事も済ませようと、電話で様子を聞きながら2時間も留守にしてしまいました。

やっぱり何も口に入れてくれませんでした。
その夜、もう残された時間は少ないとわかっていたのに、私は居眠りをしてしまいました。
まー坊の「えっ?なな?なな?」と呼ぶ声に気が付くと、まー坊はななを抱きかかえて呼びながら心臓マッサージを始めました。
私はもういい、もうダメだよと言ったと思います。。。ついに恐れていたその時が来たと、パニックで記憶があいまいなのですが。

まー坊はこの1年は、自分が居る時にはいつも膝に抱いていたのですが、チックが止まらないので抱っこよりベットに横になる方が楽かもしれないと降ろしたのだそうです。
ふと見たらななの目から光が消えていくところだったそうです。
常に膝に抱いていたのになぜ降ろしてしまったのかと消沈していました。
それだけ穏やかで眠るように、私達が願っていた最期の迎え方ではありました。
ななを失う事、それは私にとって最大の恐怖でした。
ななが元気な時から常に脅えていた、ついにその時が来てしまったと、悲しみと絶望で息が出来なくなりました。

悲しみは癒えるどころか日ごとに募り、後悔も尽きなくて、なぜ一緒にいられる時間があとわずかだったのに2時間も留守にしてしまったのか。。。もっと食べてくれる時に美味しい物をあげれば良かった。。。なぜもうダメだとわかっていたのに居眠りしてしまったんだろう。。。もっともっとしてあげられる事があったはずだと胸が潰れる思いで過ごしていました。

17歳10ヶ月、若い時は3.3~3.5kgあったのに、最期は1.4kgにまで痛々しく痩せていました。
私の一番つらい時に、寝込んでいる私の背中にいつもぴったりと寄り添ってくれてたなな。
なながいてくれたから生きてこれたよ。
愛しくて愛しくて愛しくて。。。ちょうど病気がつらい時期だったけど、なながいてくれた17年8ヶ月が人生で一番幸せだったよ。
いつもソファに乗って、窓からママの帰りを待ってのぞいていたなな。
ソファに乗れなくなって、窓がのぞけなくなってしまったから、なな用の窓がある家を建てたかったんだよ。
家が建ったけど、ななの為の窓から一度ものぞく事は出来なかった。。。
でも一緒に引っ越すまで本当に頑張ってくれたね。
ママが行くまで待っててね、なながいないこれからの人生をどうやって生きればいいのか今は途方に暮れてるけど・・・必ず必ず会えると信じて頑張って生きるよ。
ななと出会えて本当に幸せだった、永遠に愛してる。。。本当にありがとう。
お骨はママが死んだら一緒にしてお墓に入れてもらうの。。。それまで側に置かせてね。

s-CCF20160814_0004-2.jpg
1998年10月
運命の出会い、ななが我が家にやって来ました。

s-CCF20160814_0007-2.jpg
1998年10月

s-DSCF1354.jpg
2009年11月 

s-DSCF2060_201608132346124d2.jpg
2010年3月 

s-DSCF3775-2.jpg
2010年12月

s-DSCF3752-1.jpg
2010年12月
頚椎や腰椎の椎間板ヘルニアで苦しみました。

s-DSCF5438.jpg
2011年8月
抱っこが大好きでした

s-DSCF5469.jpg
2011年8月
13歳の誕生日

DSCF9954.jpg
2013年9月 15歳1ヶ月
この直後に脳の病気を発症して、昏睡になりました。

s-DSC_0861_201608132346105df.jpg
2013年10月
奇跡の復活

s-DSCF0614.jpg
2013年10月
ゆきと張り合ってご飯に釘付けなほど、こんなに元気になりました。
大量のステロイドを飲んでいた頃。

s-DSCF3375.jpg
2015年3月 16歳7ヶ月

s-DSC_1024.jpg
2016年5月
予定より5ヶ月遅れてやっと引っ越し。
間に合って良かった。。。
ベランダに出て撮りました。

s-DSC_1258.jpg
2016年6月17日
亡くなる前日

ご心配頂きながらご報告遅くなって申し訳ありません。
長い間ななを可愛がって頂きましてありがとうございました。
何かあるごとに、多くの方々の応援に支えられて来ました。
本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございました。
この記事を書くのに、何度も書きかけては耐えられず閉じるを繰り返していましたが、これで私の気持ちも一区切り出来るような気がします。
ななにかかりきりで、気がつけばゆきもすっかり年を取りました。
これからはななの分までゆきに愛情を注いであげたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 耳・鼻の病気へ ブログランキング
スポンサーサイト

| なな脳の病気 | コメント(34) | |

この記事へのコメント

みみちんさん、お辛い中をよく更新してくれました。
ななちゃんがもうお亡くなりになってたのですね。
とても驚きました。
ブログの更新がないのも建築や引っ越しで
大変なのだろうと思ってました。
ななちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。
良く頑張ってくれました。
ななちゃんはみみちんさんの事を
凄く心配してるのではないでしょうか。
自分がいなくなるとみみちんさんがどんなに
嘆き悲しまれるかと。
語弊がありますが看取れて良かったと思います。
反対だとまた辛いものがあります。
どうして買い物にとか寝てしまったとか
みみちんさんに心配を掛けたくなかった
最後の愛情だったのかと思います。
ゆきちゃんも淋しくなりましたね。
これからは家族でまたななちゃんの分まで
新しいお家で仲良くして下さい。
みみちんさん、お体をご自愛下さい。

| 猫の妖精 | URL | 2016.08.14 20:59 | 編集 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2016.08.14 22:49 |

そろそろ、ななちゃん18歳の誕生日かしら、と来てみたら・・
6月に亡くなられていたんですね。
ブログを読みながら私も泣けてきました。
みみちんさんの気持ちが痛いほどわかります。
マイも今、バクダンを抱えているような状態で、いつどうなることやら、、
それはともかく、どんな最期を迎えようと悔いは残るものかしれません。でもそれまで十数年いかに過ごしたかの方がはるかに大事。
みみちんさんがななちゃんと暮らした日々がこの上なく幸せだったのなら、ななちゃんも同じだったことでしょう。
思いきりさんざん悲しんだあとはママの笑顔が見たいって、きっと思ってますよ。
ななちゃんのご冥福を心からお祈りします。

(余談ですが、友人のポメのなずなちゃんも、ななちゃんの一週間前に亡くなりました。なずな・ままさんが我が子亡きあとの自分へのプレゼントとして描いた絵本「あたし、ママの子?」みみちんさんにプレゼントしたいなぁ)

某所でゆきちゃんの写真を拝見し、
思わず笑みがこぼれました。
言うまでもないことですが、今後はななちゃんの分もゆきちゃんを可愛いがって、みみちんさん御自身もお体に気をつけてお過ごしくださいね。

| naoko | URL | 2016.08.15 11:25 |

猫の妖精さんへ

長い間、ご心配頂いていつもお気遣いをありがとうございました。
そうですよね、ななも気が気じゃなくて天国へも行けないでしょうから頑張らないと。。。
本当に。。。残して自分が先に死ぬわけにいかないですもんね。
後悔は尽きないけど、穏やかだったのが救いだと思います。
ゆきがすっかり元気がなくなって、後追いが激しくやっぱり寂しいのでしょうね。
ななの分まで後悔のないようお世話したいと思っています。
妖精さんの温かいコメントにいつもいつも励まされましたし、お心遣いを頂いて感謝しています。
ずっと大事に持っています。

| みみちん | URL | 2016.08.16 03:23 | 編集 |

鍵コメさんへ

いつもお気遣い頂いて本当にありがとうございましたm(*-ω-)m
痙攣起こす子は目が離せないですよね。
ななはエクソシストのような恐ろしい発作だったのですが、声も音もしないので見てないと気がつかない恐れがあって本当に怖かったです。
今、外出も外食も出来るようになったのに、逆に出かける気になれないものですね。。。

ゆきは元気がなくて病院行ってるんですけど、いろいろ悪い所はあるけどやっぱり寂しいんじゃないかと言われています。
後追いがすごいんです、今までこんなに後追いなんてしなかったのでやっぱり寂しいんでしょうね(´;ω;`)
ゆきもいつ何があるかわからないので、後悔のないよう愛情をかけてあげたいと思っています。
長い間いつも暖かい励まし、お気遣い、本当にありがとうございましたm(*-ω-)m
これからもよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.08.16 03:33 | 編集 |

naokoさんへ

naokoさん、長い間本当にありがとうございましたm(*-ω-)m
いつもお気遣い頂き励まされました。
マイちゃん、マルクちゃんと遊んだのはななが4歳ぐらいだったと思います。。。早いものですね。
十数年いかに過ごしたかの方がはるかに大事。。。確かにそうですよね。
ななの写真は笑顔ばかりでななも幸せだったんだと思ったら気持ちが救われました。
なずなちゃんの所に伺いました、なずなちゃんも復活して頑張りましたよね。
すっごく可愛らしいポメちゃんの絵本ですね、見ただけで涙があふれてしまいました。
もう少し悲しみが癒えたら読んでみたいです。
ゆきは元気がなくていろいろ調べたりしていますが、やっぱり寂しいんじゃないかと言われています。
そんなに仲良しなわけじゃないけど、うちに来た時からずっと一緒だったので寂しいでしょうね。
これからは後悔のないようにゆきに精一杯愛情をかけて過ごしたいと思います。
温かいコメントありがとうございました。

| みみちん | URL | 2016.08.16 03:46 | 編集 |

ななちゃん、いちごの一月後にお空に引っ越したのですね。
最後の頃の写真、いちごと似ています。可愛い…。
寂しいですよね。。。私は夢もあまりみないので無性に会いたくなります。
最近は側にいるに違いないと勝手に思うことにしています。(笑
後悔は…たぶん多くの場合は多少の後悔が残るのでしょうね。
私も後悔がいくつかあります。が、あの時あの逝き方で良かったんだろうな…とも思っています。
意識が無いように見えたあの時いちごは一生懸命歩いていました。
きっと無意識に歩こうとしたんですよね。
きっとたくさん歩いて跳ねて美味しいものを食べて…自由に動きたかったはず、今はそれができるのだから…。
ゆっくり時の中で過ごして下さいね。ゆきちゃんと一緒に…。
ご冥福をお祈りします。

| いちごまま | URL | 2016.08.16 16:55 |

みみちんサン、こんにちは
ななちゃん、6月に天に召されてたのですね(悲)
苦しかった体から解放されて、楽になって
虹の橋を軽やかに渡れたかな
ななチャンのご冥福をお祈りします

長年一緒に暮らしたななチャンが居なくなった生活は
とても辛いでしょうね
ゆきちゃんも相当寂しいんだろうね
だっていつも、ななチャンと一緒だったもんね
ゆきちゃんは、わかってるのかな
ななチャンが虹の橋に行ってしまったことを

ゆきちゃん、ななちゃんの年を目指して
元気に長生きしようね
心臓の悪い子の希望の星になろうね

可愛いななチャンの笑顔決して忘れないよ
ママや、ゆきちゃんを見守ってあげてね

| はるポン | URL | 2016.08.17 11:47 |

ななちゃん、ありがとう

みみちんさん、こんにちは。
お家のブログはちょくちょく拝読してまして、ゆきちゃんが出てたりするとななちゃんはどうかなと…心配していました。でも、ななちゃんのためにと思って建てたお家に、ちゃんと待ってて一緒に引っ越していかれたななちゃん、とてもママ孝行しましたね。
私はななちゃんほど、可愛い笑顔のポメちゃんを他に知りません。ポメちゃんは可愛い子が多いのですが、あの口角がピッと上がった笑顔の可愛らしさは、ずっとずっと忘れません。
私もチコの壮絶な介護を経験しましたが、何度も蘇り、ホッとさせてもらいました。だけど、いつかはきっと訪れてしまう試練…。マルはあっというまの亡くなり方、チコは2年かけて覚悟をさせてくれた亡くなり方…でも、どちらも同じくらい辛く悲しく寂しいものでした。今、マリンという子に精一杯の愛を注いでますが、いつの日かまたあの辛い日がやってくるでしょう…。そう思うと切なくなるのですが、それでも愛しい小さくも大きな存在のワンコとの生活は私にとっては無くてはならないものです。みみちんさんも、辛い時期に一緒に過ごし、幸せを共にしてくれたななちゃんとのお別れはたまらなく辛いものかとお察しします。でも、私も自信に言い聞かせていますが、一時だけの事だと思います。いつの日か、また一緒に会えて、今度は絶対にはなれずに一緒にいられる日がやってくるのを楽しみにしましょう。
ゆきちゃんも寂しく感じていることだと思いますが、きっとご家族の愛情を感じ取ってますよ。これからはゆきちゃんと、お身体に気を付けて過ごしてくださいね。

ななちゃん、おばちゃんちのチコちゃんとマルちゃんに会ってくれたかな?たくさん愛情を注いでもらって幸せでしたね。お空でママや家族の事を可愛い笑顔で見守り、待っててあげてくださいね。可愛い笑顔をたくさんありがとう。
ななちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| ともちん | URL | 2016.08.17 13:51 | 編集 |

いちごままさんへ

いちごままさん、長い間ありがとうございましたm(*-ω-)m
いちごちゃんも頑張ってると思い励まされました。
一緒に頑張った気がしています。
老犬の愛しさってたまらないですよね。。。
本当に寂しいです、新居ではななは寝たきりで「あそこが好きだったな~」とか思い出はないのですが、それでも可愛い姿を折に触れて思い出して泣いてしまいます。
ななも関節が固まってしまい体が動かせず、足なんかつっぱったままで本当にかわいそうでした。
かゆくても掻く事も出来なかったし、痛みもあったんだろうと思います。。。
体は相当つらかったんでしょうね。。。もう限界だったんだと、穏やかに旅立って良かったんだと私も自分に言い聞かせています。。。
ななにかかりきりでゆきにも寂しい思いをさせたと思うので、これからはななの分まで愛情をかけてあげたいと思います。
温かいコメントありがとうございます、励まされました。

| みみちん | URL | 2016.08.18 05:27 | 編集 |

はるポンさんへ

はるポンさん、本当に長い間ななを応援してくれてありがとう。。。
はるポンさんに頂いたカードもみんな大事に保存してるよ。
18年近く、長生きしてくれたけどあっという間だった。。。残して自分が先に死ぬわけにいかないけど、これほど悲しい事ってないね。
ゆきは子犬の時からずっとななといたからきっと寂しいよね。
元気がなくて、しっぽ下げて寂しそうな顔してるの。
病院でいろいろ検査したんだけどね、胆嚢は相変わらず悪いけど心臓は全然悪くなってないし、腎臓の数値が悪くて外注の検査に出したんだけど、腎不全まで悪くなかったの。
腰の痛みもあるかもしれないけど、寂しいんじゃないかって獣医でも言われたよ。
ゆきにも寂しい思いさせてただろうから、ななの分まで愛情かけて幸せな余生過ごさせたいと思ってるよ。

本当にありがとう、いつも励まされました。
これからもよろしくね。

| みみちん | URL | 2016.08.18 05:38 | 編集 |

ともちんさんへ

ともちんさん、いつもお気遣い頂いてありがとうございましたm(*-ω-)m
家の事で忙しくて、ななのお世話も行き届かなかったと後悔もいっぱいなのですが、一緒に引っ越せて本当に良かったです。
前の家で亡くなったら、ななを置いて来てしまう気がして気が気じゃなかったです。
それに前の家では「ここが好きだったな」とか「いつもここで待ってたね」って悲しみが募るので、新居で思い出がないほうが今の私にはいいのだと思います。
新築中、現場へ行かなければならない事も多くて、母に預けてる間にななが痙攣起こしたら困るな、っていう日がたくさんあったのですが、私が留守ですぐ帰れない時には一度も痙攣を起こしませんでした。

ともちんさん、ななの笑顔って本当にたまらなく可愛かったです。
そう言って頂くととっても嬉しいです。

ともちんさんも介護と突然の別れを経験されてるんですよね。
どんなに長い介護で充分覚悟する時間があり長寿で天寿を全う出来ても悲しいものですよね。。。
また老犬の愛しさってまたひとしおですよね。

犬がいる生活って本当に幸せですよね。。。でもいつも別れに怯えてたように思います。
自分が死んだ時にななに会えると思うと死ぬのも悪くないと思えますね。。。また会える事を信じて頑張ります。
温かいコメントありがとうございます、涙が止まりませんでした。
マルちゃん、チコちゃん、ななをよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.08.18 06:01 | 編集 |

みみちん、更新できるまで、どれだけの葛藤があっただろうと思うと涙とまらない
ななちゃんがみみちんのお家にきてからの写真、どの写真も本当に可愛くて本当に幸せそう

ななちゃん、みみちんの子だったからこそ、ここまで頑張ってくれたんだなと思わずにいられないね

17年10ヶ月
なんどもなんども危なかったのを乗り越えてここまで頑張れたのは、ななちゃんもみみちんと一緒にいたいと強く願ったからだろうね
こんな小さなからだで本当よく頑張ってくれたよね

みみちん、ちょうど、うちもバタバタしていて時間が作りにくいんだけど落ち着いたら会いに行ってななちゃんのお骨に挨拶させてね

| みゆ | URL | 2016.08.18 13:10 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2016.08.18 21:25 |

みゆちんへ

みゆちん、本当に長い間ななをいつも心配してくれて応援してくれてありがとう。
あの時、遠いところ会いに来てくれて、抱っこしてくれてありがとう。
あれから3年も頑張ったんだから奇跡だったんだよね。。。
死にたいほどの悲しさに襲われてしまってななの写真も探せなかったんだけど、やっと可愛いななをアップ出来たよ。
みゆちんもワン達との毎日大事にしてね。
いろいろ心配だけど本当に気をつけて!ゴタゴタが落ち着いたらゆきとくきぷりあんが元気なうちに会いたいね。

| みみちん | URL | 2016.08.19 17:34 | 編集 |

鍵コメさんへ

ご無沙汰しています。
ななの事、思い出してくださってありがとうございましたm(*-ω-)m
また、生前は仲良くして頂いてありがとうございました。
頂いたカードは今も大事に保存しています。
こうして、可愛い子を亡くしたみなさんから温かい励ましを頂くと、自分だけじゃない、みなさん同じ悲しみを乗り越えているんだと励まされました。
当時のお仲間がどんどん天国に行って、時代が変わって行く事をつくづく感じますね。
私も今でもありありと可愛いRちゃん、Kちゃんのお顔が浮かびます。
本当に可愛かったですね。。。
ななもみなさまにご心配、応援をたくさん頂いて本当に幸せな犬だったと思います。
本当ご心配頂き、わざわざ温かいコメントをありがとうございます。
とても励まされました。
これからもまたよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.08.19 17:43 | 編集 |

お疲れ様でした

みみちんさん
長い間、お疲れ様でした。
気になりながらも、更新がないとまだ、大丈夫かなと思っておりました。
最後までみみちんさんによくしてもらって、本当に幸せですね。
みみちんさんの体調は大丈夫ですか?お疲れが出ていませんか?
私は相変わらず、めまいが時々あります。
ただ、下の息子の就活が、とりあえず終わったので、ちょっと一休み。
すごく行きたいところではなかったようですが。
まだ暑いのでご自愛ください。

| yukinko | URL | 2016.08.27 07:30 | 編集 |

yukinkoさんへ

ご無沙汰してしまい、ご心配おかけしました。
お気遣いありがとうございます。

私は大きなめまいの発作は3年ぐらいないのですが、浮動性のめまいは絶えずありますね。
平衡機能も悪いのでリハビリ入院を勧められていたのですが、なながこういう状態だったので考えていませんでした。

就活終わったんですね~おめでとうございます!
うちも大学卒の時に一時期就活もしましたが、本当に大変ですもんね。
うちは来年院を卒業して資格試験に備えしばらくニートになりそうです。。。まだまだ心配です。
早く落ち着いて欲しいですー

| みみちん | URL | 2016.08.28 15:03 | 編集 |

ななちゃんのご冥福お祈りいたします。
我が家も今年の1月に2匹目の猫が
亡くなりました。・・・癌でした。

年もいってたのですが癌の告知を受けた
時のショックは今でも忘れられません。
家族の癌の告知ってこんなに辛い事なん
だと・・・。
多分自分が告知を受ける事よりも辛い
事なんでしょうね。

ななちゃん・・・幸せだったと思いますよ。
本当に沢山の愛に包まれて生きる事ができた
のですから。

私の方ですがお盆に熱中症で倒れて緊急入院
になってしまいました。
近くの病院が開いていて本当によかったです。
救急車を呼ばずに済みました・・・。
みみちんさんも気をつけて下さいね。








| MOMO | URL | 2016.08.29 23:29 | 編集 |

MOMOさんへ

ありがとうございます。。。
そうだったんですか、つらかったでしょうね。
看取るって本当につらくて大変な事ですね。
告知のショック、血の気が引く思いですよね。

MOMOさん熱中症で入院されたんですか!?
何をされてたんでしょうか??
怖いですねー
実際、「これは熱中症だ」ってわかるもんなんでしょうか??
元気になられましたか?
お大事にして下さいね~

| みみちん | URL | 2016.08.31 03:19 | 編集 |

こんにちは。
飼ってる以上避けて通れない道だと
分かっているつもりでも癌の告知は
ショックでした。
1匹目が老衰だったのでその分も
大きかったですね。

用事で外出してたのですがこの時は
確かに暑かったです。
翌日に足のこむらがえりと痙攣に襲われ
病院に駆け込み、血液検査の結果
重度の熱中症と診断されてそのまま
入院となりました。
帰ってからずっとエアコンの効いた部屋
にいたのですが症状が後から出る事もある
そうです。
おかげさまで今は回復しています。






| MOMO | URL | 2016.09.04 18:25 | 編集 |

MOMOさんへ

本当に。。。苦しくても何も言わない動物だけによけいに不憫ですよね。。。
私もななが3年前に突然おかしくなって、脳炎か脳腫瘍、脳炎なら2ヶ月、半年は無理なんていきなり告知され、目の前真っ暗になったのを思い出します。。。

え~~!?
翌日にですか~!?
それじゃ熱中症なんて思いませんよね(>_<)
お元気になられて良かったです~(〃´o`)=3

| みみちん | URL | 2016.09.05 06:29 | 編集 |

ななたん!よく頑張りましたよね。
お星さまになってしまったけど、きっと天国から
みみちんさんや、息子さんたちを見ているとおもいます。
天国で元気よく、楽しく過ごしていると思います。

みみちんさん、息子さん、長い間、お疲れ様でした。
大変だったと思います。
なんてコメントしていいのか…。
言葉が見つかりません。
ななたんもきっと幸せだったでしょうね~。

| shiho | URL | 2016.09.06 05:25 | 編集 |

こんにちは
大学院行ってさらに資格とって、やりたいことがはっきりあっていいですね。
我が家は上の子が独立し、下も4月から研修で家をでます。3ヶ月後、配属先が決まります。地方でしょうね。
夫婦2人は寂しいかな〜
ゆきちゃんのことで、このブログ続けられますか?

| yukinko | URL | 2016.09.06 15:25 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2016.09.07 17:44 |

shihoさんへ

shihoさん、ご無沙汰しちゃってすみません!
本当に長い間、いつもななを応援して頂いてありがとうございましたm(*-ω-)m
私も励まされたし、ななもパワーを頂いたと思います。
本当に身を切る思いですが、長生きしてくれましたし、ひどい状態だったのに最後は穏やかだったし、
そう考えて天国で会えるように私も頑張って生きて行こうと思います!!
これからもよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.09.07 20:52 | 編集 |

yukinkoさんへ

それがそうでもないんです。。。
失敗したらそれこそどうするか・・・まだまだ落ち着けません(>_<)
迷走して長年学生で金食いです。。。
yukinkoさんちはいよいよ巣立ちなんですね。
4月からは二人なんですね、やっぱり寂しいですよね。
これからは自分だけのための時間を楽しんでくださいね。
ブログは続けます!ゆきも応援して頂いてますしちょこちょこ更新していきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.09.07 23:54 | 編集 |

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます!
いきなりこのような記事でごめんなさい。
温かいコメントに私もまた泣きました。
メールお送りします!

| みみちん | URL | 2016.09.08 03:05 | 編集 |

みみちんさん、お久しぶりです。ずっと気になっていたのですが、私自身も忙しくて時間に追われ、この日記を読んでからもなかなか投稿できずにいました。
みみちんさんの書かれているお気持ち、とてもよくわかりました。私もあれこれ後悔して落ち込んだりしたし、ココの写真を見ることも辛かった時期がありました。
喪失感から立ち直るまでには時間もかかるけれど、家族に愛されての17年間ですから、ななちゃんは すごく幸せで充実していたと思います。
私は、今では、ココの思い出を笑顔で人に話せるようになりました。いっぱいいっぱい思い出を話して、忘れていないんだよ~って。
みみちんさんの健康も気をつけてくださいね。看病でかなり無理されたことと思います。

| カノン | URL | 2016.09.08 13:52 | 編集 |

そうですか。
今の若い人はいろいろありますね。
知り合いにも、28歳で、違う道を探し始めるお子さんや、大学入ったけど、3年勉強して、やめるか悩んでいるお子さんなど、みんな、厳しい現実です。
マー坊くんの夢が叶いますように!
また、ブログ更新楽しみにしています。

| yukinko | URL | 2016.09.10 00:03 |

カノンさんへ

カノンさん、ありがとうございます。
今はななの事を思い出さないように他の事に没頭して過ごしています。
新築した家にいろいろ問題があるので、そちらに集中しています。
ななを思い出すと本当に気が狂うんじゃないかと自分で不安で、自然と思い出さないように頑張ってるという感じです。
笑顔で話せるようになるまで時間が必要なんでしょうね。。。
でもここに書いてからは、何となく区切りがついた気持ちです。
私だけじゃない、みんな乗り越えてるって思うと励みになります。。。
泣かない日も多くなって、立ち直りつつある気がします。
ほんっと~~~に介護と新築で自分が死ぬかも?って不安になりました~(^▽^;)

| みみちん | URL | 2016.09.10 05:50 | 編集 |

yukinkoさんへ

いくつになってもやり直せるとは建前で現実は厳しいですよね。
仲良しの同級生でも歯学部5年で中退して医学部に行った子、大学卒業してから再受験で医学部にいった子がいます。
まー坊も子供の頃は医者が夢だったので、そんな話聞くと心が揺れるみたいですが、今から方向修正するほどもう頑張れないと思ってるみたいです。
ブログの方もゆきの様子も書きたいし、ななの介護がなくなってリハビリ入院や鼓膜再生の手術も出来るので、そろそろ考えようと思っていますので、またご報告したいと思います。
これからもよろしくお願いします~(*^v^*)

| みみちん | URL | 2016.09.10 06:21 | 編集 |

短い言葉しか出てこないですが…かわいいままだったのでホッとしました。闘病ブログと同時にかわいいかわいいふたりの愛にあふれたエントリーがとても楽しみで。今はどうか安らかにと願うばかりです。

| うし | URL | 2016.09.14 22:06 |

うしさんへ

温かいコメントありがとうございます。
最後の1年はどんどん痩せてエクソシストのような痙攣を起こしてほんとうに痛々しかったのですが、なぜかあまりその姿を思い出さなくて。。。
可愛い姿ばかり思い出して悲しみにくれていましたが、今は出来るだけ思い出さない事にしてます。
まだまだ笑顔で思い出を語るには時間がかかりそうですが、少しずつ立ち直りつつあるように思います。
また更新しますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

| みみちん | URL | 2016.09.15 04:41 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。